建設業許可取得を前提とした社会保険手続きについて

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業に強い!建設業許可申請のことならお任せください。相談無料・全国対応でサポートいたします!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > 建設業許可申請手続き > 建設業許可取得を前提とした社会保険手続きについて

建設業許可取得を前提とした社会保険手続きについて


kensetu-syaho

建設業の許可要件である経営業務の管理責任者専任技術者は会社の役員、または従業員であるための常勤性を証明する社会保険加入の書類を提出します。

申請の際、事前に該当する者を社会保険に加入させておく必要があります。

申請時に、常勤の者であることを立証するために一般的に用いられるものは強制加入である社会保険加入書類です。

※個人事業で従業員5人以下の場合は従業員の同意を得て任意で加入します。

会社を設立後すぐに社会保険の加入手続きを行っても審査の結果が得られるまで1ヶ月程かかるのでこのような場合は常勤性の書類で社会保険の書類が提出できません。

その場合、申請窓口によって若干違いはありますが、

例えば、

  • 雇用保険の加入証明書
  • 賃金台帳
  • 出勤簿
  • 住民税特別徴収義務者指定及び税額通知書
  • 確定申告書の役員報酬等人件費の内訳で該当者の名前が確認できるもの

などで確認されます。

建設業許可申請時に社会保険未加入で手続中との嘘をついたとしても、必ず加入の指導を受けますし、その後、確認できない場合は社会保険担当部局に通報される他、今後更新できない状態になります。

常勤性の書類は社会保険以外の書類でも確認できますが、保険加入事業者はいずれにしても保険加入は義務となっているため、会社設立と一緒に手続きをされるか、許可申請までには加入されると手続きもスムーズに行えます。

社会保険料の会社負担額も気になるところですが、義務である以上逃れることはできません。

専門の社会保険労務士にアドバイスを受けながら準備を行ってください。


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2020 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

【相談無料・全国対応】建設業許可申請ならお任せください!
お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。