建設業許可に500万円以上の資金調達能力とは具体的にどういうこと?

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業の売上を伸ばし会社を守るための専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)の手配ならお任せください!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > よくあるご質問・Q&A集 > 建設業許可申請手続きに関するQ&A > 建設業許可に500万円以上の資金調達能力とは具体的にどういうこと?

建設業許可に500万円以上の資金調達能力とは具体的にどういうこと?


建設業を営むためには、建設資材の購入や労働力の確保、設備の購入など、ある程度の資金を確保していることが必要です。

このため、一般建設業許可を受けようとする場合は「財産的基礎」又は「金銭的信用を有していること」が要件に掲げられています。

財産的基礎とは、「自己資本の額が500万円以上あること」です。

単に資本金が500万円以上あれば良いというわけではなく、純資産の額が500万円以上であることが必要です。

ただし、設立間もない会社で1期目の事業年度を終えていない場合は、資本金が500万円以上あれば問題ありません。

純資産は資本金や剰余金などから構成されていて、現金や貯金などの資産から借入金などの負債を差し引いた金額です。

この純資産の額が500万円以上あれば、財産的基礎を有していることになります。

金銭的信用とは、「500万円以上の資金を調達する能力があること」です。

会社名義の銀行口座に500万円以上の預貯金があれば問題ありません。銀行に「残高証明書」を発行してもらうことで、金銭的信用を有していることになります。普通預金や定期預金など会社名義の預貯金の合計額が500万円以上あれば問題ありません。

もし預貯金がない場合は、500万円以上の融資を受けることができるという証明が必要です。具体的には、融資を受ける金融機関から「融資可能証明書」を発行してもらうことになります。

ですが、この融資可能証明書は金融機関によっては発行することに消極的なことも多く、発行してもらうには1万円程度の手数料が必要です。

銀行から融資を受けられるのであれば「融資可能証明書」でなくとも、融資がおりた段階(銀行残高が500万円以上になった段階)で「残高証明書」をとる方が一般的です。

どちらにしても500万円という高額の資金が必要ですので、資金調達のニーズが発生してから考えるのではなく、普段から資金調達をできる体制を準備しておくことが重要です。

資金繰りに困った時のために普段から資金調達能力を高めておくことの重要性とは?

中小企業の多くは、資金調達の大半が金融機関からの融資です。

創業時であれば信用や実績面から銀行ではなく、政府系金融機関である日本政策金融公庫からの融資を希望する事が多くあります。

日本政策金融公庫は、低金利、担保・保証人不要、長期返済など民間の金融機関ではあり得ない好条件で融資を受けられる制度を備えています。

もちろん簡単に融資を受けられるわけではありませんが、公庫からの融資を受け返済実績を作ることで、次回以降の融資が受けやすくなります。

金融機関の種類、特徴、融資内容などを把握し、普段から円滑な関係を構築していくことが大事です。

しっかりと事前に計画を立てること、銀行などの民間金融機関と政府系金融機関をうまく活用することで、資金調達力を確保することが重要です。

建設業を営むためには、建設資材の購入や労働力の確保、設備の購入など、ある程度の資金を確保していることが必要です。

このため、一般建設業許可を受けようとする場合は「財産的基礎」又は「金銭的信用を有していること」が要件に掲げられています。

財産的基礎とは、「自己資本の額が500万円以上あること」です。

単に資本金が500万円以上あれば良いというわけではなく、純資産の額が500万円以上であることが必要です。

ただし、設立間もない会社で1期目の事業年度を終えていない場合は、資本金が500万円以上あれば問題ありません。

純資産は資本金や剰余金などから構成されていて、現金や貯金などの資産から借入金などの負債を差し引いた金額です。

この純資産の額が500万円以上あれば、財産的基礎を有していることになります。

金銭的信用とは、「500万円以上の資金を調達する能力があること」です。

会社名義の銀行口座に500万円以上の預貯金があれば問題ありません。銀行に「残高証明書」を発行してもらうことで、金銭的信用を有していることになります。普通預金や定期預金など会社名義の預貯金の合計額が500万円以上あれば問題ありません。

もし預貯金がない場合は、500万円以上の融資を受けることができるという証明が必要です。具体的には、融資を受ける金融機関から「融資可能証明書」を発行してもらうことになります。

ですが、この融資可能証明書は金融機関によっては発行することに消極的なことも多く、発行してもらうには1万円程度の手数料が必要です。

銀行から融資を受けられるのであれば「融資可能証明書」でなくとも、融資がおりた段階(銀行残高が500万円以上になった段階)で「残高証明書」をとる方が一般的です。

どちらにしても500万円という高額の資金が必要ですので、資金調達のニーズが発生してから考えるのではなく、普段から資金調達をできる体制を準備しておくことが重要です。

資金繰りに困った時のために普段から資金調達能力を高めておくことの重要性とは?

中小企業の多くは、資金調達の大半が金融機関からの融資です。

創業時であれば信用や実績面から銀行ではなく、政府系金融機関である日本政策金融公庫からの融資を希望する事が多くあります。

日本政策金融公庫は、低金利、担保・保証人不要、長期返済など民間の金融機関ではあり得ない好条件で融資を受けられる制度を備えています。

もちろん簡単に融資を受けられるわけではありませんが、公庫からの融資を受け返済実績を作ることで、次回以降の融資が受けやすくなります。

金融機関の種類、特徴、融資内容などを把握し、普段から円滑な関係を構築していくことが大事です。

しっかりと事前に計画を立てること、銀行などの民間金融機関と政府系金融機関をうまく活用することで、資金調達力を確保することが重要です。

(参考:建設業者は日本政策金融公庫で借り入れがしやすいって本当?


※ブラック・自己破産しててもOK。銀行の返済条件変更中、赤字決算、債務超過でも資金調達できるファクタリングをご存知ですか?売掛金100万円以上お持ちで事業用資金なら最短即日1000万円まで調達可能。→【資金調達プロ】事業資金調達の10秒カンタン無料診断はコチラ


法人成りや各種法人の変更手続きは格安・簡単・専門家に依頼するより早いセルフキットがおすすめ。

株式会社や合同会社はもちろん、社団法人・財団法人向けキットや事業計画書・少人数私募債などの資金調達系キットも充実しています。

自分で出来る!会社手続き書式ダウンロードセンター

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス


建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!経営事項審査にも強い!行政書士の無料紹介はこちらから

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

建設業許可申請専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 長野
北陸 新潟 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2018 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。