建設業の違法残業問題について

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業の売上を伸ばし会社を守るための専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)の手配ならお任せください!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > 特集記事 - TOPICS!! > 建設業の違法残業問題について

建設業の違法残業問題について


建設業は違法残業が顕著に行われています。その理由についてですが、たとえば、納期が短く設定されがちであることがあげられます。

工事の規模のわりに納期が短いとそれだけ1日あたりにこなさなければならない仕事量が増えるので、違法残業をするようになります。

ではなぜ建設業は納期が短く設定されがちかというと、依頼主が納期を短くすることを希望するからです。

現在は建設業者よりも依頼主の方が立場が強いため、無茶な納期設定の工事でも建設業者が受けることが多いです。

もし納期に遅れると建設業者は依頼主に対して契約違反の罰金を支払わなければなりません。それでは困るので、建設業者は法律を破ってでも工事を納期に間に合わせようとするのです。

過度な競争も一つの原因となっている

競争が激化していることも建設業で違法残業が多い理由のひとつです。

工事のニーズに対して建設業者の数が多すぎるので、まっとうなやり方で建設業者が生き残るのは非常に難しいのが現状です。

多くの建設業者はそのような状況でも利益を出すために人件費をできるだけ下げようとしています。残業代を支払わなければ人件費は浮くので、違法残業と関わりが深いのです。大手であるほど残業代未払いは少ないですが、中小規模の建設業者になると正規の半分以下しか支払われないこともあります。

慢性的な人材不足も

また人材不足により、社員一人あたりの労働量が増加していることも違法残業が行われる理由に含まれます。

現在の50代あたりの社員はバブル期に大勢採用したため、十分な人材が確保できているのですが、若手社員は不況のあおりを受けて慢性的な人材不足に陥っています。そのため建設業では若手社員の負担が増し、会社も相応の待遇を与えられなくなってきているのです。

当然ながら違法残業を社員に強いるのは法律的に許されることではありませんし、社員から訴えられる可能性もあります。

そうなれば結局雇用側が得をすることはない上に世間のイメージを悪くする原因にもなります。そのため、社員に違法残業をさせることは避けなければいけません。

場合によっては無自覚で社員に違法残業をさせているケースもあるでしょう。

建設業は激務が珍しくないので、仕事に追われているうちに気が付けば違法残業だったということもありえます。

そのようなトラブルを避けるには雇用主がしっかりと建設業に存在する違法残業の問題を受けとめ、労働基準法に違反しないよう業務や残業代の支払いを管理していくことが重要です。

残業等の労働問題の専門家は弁護士・社会保険労務士になります。当ページでは人事労務のスペシャリストである社会保険労務士の紹介も行っております。ご相談等はこちらからお気軽にお問い合わせください。→https://www.kensetsu-kinki.com/shakaihoken-kanyu


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!経営事項審査にも強い!行政書士の無料紹介はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。お電話口での手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。