知事許可と大臣許可の違いが分からないのですが。

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業に強い!建設業許可申請のことならお任せください。相談無料・全国対応でサポートいたします!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > よくあるご質問・Q&A集 > 建設業許可申請手続きに関するQ&A > 知事許可と大臣許可の違いが分からないのですが。

知事許可と大臣許可の違いが分からないのですが。


建設業の許可は、「大臣許可」と「知事許可」に区分されています。

この区分ですが、許可を受けようとする建設業者の設ける営業所の所在地により区分され、1つの都道府県にだけに営業所を置く場合は、その都道府県知事に対して許可を申請(知事許可)することになり、2つ以上の都道府県に営業所を置く場合は、国土交通大臣に許可を申請(大臣許可)することになります。

聞きなれないのでややこしく感じるかもしれませんが、つまり、1箇所でも県外に営業所を置く場合には「大臣許可」が必要で、同じ都道府県内であれば複数の営業所があっても「知事許可」を受けることになるのです。

大臣許可・・・同一県内および他の都道府県に営業所を設ける場合。
例)東京都と大阪府に営業所がある場合⇒県をまたがるので大臣許可。

知事許可・・・同一県内のみに営業所を設ける場合。
例)東京都渋谷区と品川区に営業所がある場合⇒同じ東京都内なので知事許可。

大臣許可業者は全体の1割程なので、ほとんどの場合、知事許可を申請することになります。

大臣許可と聞くとレベルが高いと感じるかもしれませんが、知事許可との違いは、営業所の所在地が2つ以上の都道府県にあるかどうかの違いだけであって、知事許可だから許可が取りやすいといった事はありません。

- スポンサーリンク -


建設業の営業所とは?

ところで、建設業許可における「営業所」とは何を指すのでしょうか?

営業所とは、会社の本店(本社)や支店(支社)など「常時建設工事の請負契約を締結する事務所」のことをいいます。

これまたややこしいですが、要するに、その営業所において、発注元等に対して「直接請負契約を締結できる機能を持っている事務所」を指します。

ですので、建設業に全く無関係な営業所や単に登記上の本店や支店に過ぎないもの、また、建設業に関係のある事務所であっても臨時におかれる工事事務所や作業所等は営業所には該当しないことになります。

例えば東京に本社のある会社が大阪に支社を設けている場合、

  1. 大阪支社長名で直接契約を締結できる場合
    ⇒大阪支社は営業所に該当する
  2. 東京本社の社長名で契約を締結しなければならない場合
    ⇒大阪支社は営業所には該当しない

事務所はあるが契約や見積は全て本店(本社)で行う場合は、その事務所は当然、建設業許可における「営業所」には該当しないことになるのです。

営業所に関するその他のページ


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

【相談無料・全国対応】建設業許可申請ならお任せください!
お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。