失敗しない営業所の写真の撮り方

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業に強い!建設業許可申請のことならお任せください。相談無料・全国対応でサポートいたします!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > 建設業許可申請手続き > 失敗しない営業所の写真の撮り方

失敗しない営業所の写真の撮り方


建設業の許可申請では営業所の確認として写真を添付しなければなりません。

自治体によって細かな要件が出されていますが、写真の撮り方次第では撮り直しを求められるなど、受理してもらえない可能性もあります。たかが写真と甘くは見てられません。

個人宅を事務所兼住居として使用する場合は特に気を付ける必要があります。

写真撮影の基本

建物全体

建物全体が入るように撮影します。

  • ビル、集合住宅の場合でも1階~最上階まで全て写っていること。
  • 建物の入口を真正面から1枚以上。
  • 看板、テナント表示、郵便受け等で商号が確認できるもの1枚以上。

事務所の入口

  • 商号が確認できる事務所の入口1枚以上。(商号が確認できない場合は拡大したものを1枚以上)
  • ドアを含め解放した状態で1枚以上

事務所内部

ブラインド、カーテンは全て空けた状態で撮影

  • 入口部分から部屋全体を1枚以上。
  • 室内奥から入口に向かって部屋全体を1枚以上。
  • 電話機、机、複合機、パソコン等事務スペースが確認できる部分を複数枚。
  • 応接場所1枚以上。

※個人宅、ビル等の場合は入口から事務所までの動線を全て撮影します。動線については写真だけで位置関係がイメージできるように撮影することがコツです。また、営業所スペースが居住スペースや他法人と区分(背の高いパーテーション等)されていることが確認できるように撮影します。

【個人宅の場合】
→玄関入って廊下、階段、事務所部屋の入口それぞれ複数枚。

【ビル等の場合】
→エントランスからエレベーターホール、フロアから事務所まで、入口ドア等を複数枚。

写真は間取り図等と一致し説明ができる状態にしておく必要があります。(写真にコメントを載せるなど)

だいたいどこの自治体も同じような要件となっていますので、上記の条件で撮ると最低15枚以上になるかと思います。

これだけ撮影していれば撮り直しを求められる事もないでしょう。

自治体によっては、全体、入口、内部を1枚ずつ合計3枚で受理してもらえるところもありますが、ほぼ稀なことなので少なくて差し戻しされるより多めに撮るに越したことはありません。

近年、営業所の実態や独立性について厳しくなってきています。地図、写真、平面図で疑義があれば実態調査も行われますので特に自宅の独立性についても要件を十分に確認する必要があります。

申請を専門家に頼む場合は写真撮影もお願いすると撮り直しに悩まされることはないでしょう。


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

【セルフキットシリーズのご案内】

法人成りや各種法人の変更手続きは格安・簡単・専門家に依頼するより早いセルフキットがおすすめ。

株式会社や合同会社はもちろん、社団法人・財団法人向けキットや事業計画書・少人数私募債などの資金調達系キットも充実しています。

ダウンロードセンターはこちらから

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

【相談無料・全国対応】建設業許可申請ならお任せください!
お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。