経営事項審査の改正(平成30年4月1日施行)

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業に強い!建設業許可申請のことならお任せください。相談無料・全国対応でサポートいたします!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > 特集記事 - TOPICS!! > 経営事項審査の改正(平成30年4月1日施行)

経営事項審査の改正(平成30年4月1日施行)


平成30年4月1日より経営事項審査改正の審査項目及び基準等が改正されました。

主な改正点は以下の通りです。

1.W点のボトムの撤廃

現行のW点は、社会性等(W)の合計値がマイナスとなった場合は0点として扱われます(マイナス点数として扱われない)が、W点のマイナス値を認め(ボトムを撤廃)マイナス値であっても合計値のまま計算することになりました。

これにより、社会保険未加入企業や法律違反等への減点措置を厳格化、より一層の加入促進を図るとともに不正が行われない環境を整備することを目的としています。

W点の評価項目 改正前 最低点 改正後 最低点
W1:労働福祉の状況
雇用保険未加入 -40 -40
健康保険の未加入 -40 -40
厚生年金保険の未加入 -40 -40
-120 -120
W2:建設業の営業継続の状況
民事再生法又は会社更生法の適用の有無 -60 -60
-60 -60
W4:法令遵守の状況 -30 -30
合計 0 -210

2.防災活動への貢献状況の加点幅の拡大

防災協定を締結している場合(W3)、現行15点の加点であるところを20点へと拡大。

災害時の24時間待機など自らの負担も伴いながら防災活動を行い社会貢献を果たしている建設業者に対し「地域の守り手」としての評価を拡大する形です。

台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
改正前 点数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
改正後 点数 5 6 7 8 9 10 11 12 12 13 13 14 14 15 15

3.建設機械の保有状況の加点方法の見直し

建設機械を保有する場合(W7)現行1台につき加点1(最大15点)であるところを、1台目を加点5とした上で加点テーブルが見直され(最大15点は変わらず)、少ない台数でも建設機械を保有する企業を高く評価する形となりました。

4.営業用の大型ダンプ車のうち、主として建設業の用途に使用するものを評価対象とする。

詳細はこちらの記事をご参照ください。

→ 経営事項審査の改正により営業用大型ダンプが加点対象となります。


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

【相談無料・全国対応】建設業許可申請ならお任せください!
お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。