経営事項審査の改正により営業用大型ダンプが加点対象となります。

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業に強い!建設業許可申請のことならお任せください。相談無料・全国対応でサポートいたします!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > 特集記事 - TOPICS!! > 経営事項審査の改正により営業用大型ダンプが加点対象となります。

経営事項審査の改正により営業用大型ダンプが加点対象となります。


平成29年12月26日付けで経営事項審査における審査項目が改正され、今後は、その他の審査項目(社会性等)内の「建設機械の保有状況」に含まれる”大型ダンプ車”について、建設業の許可を受けている事業者が保有する営業用ダンプ車も平成30年4月1日から加点対象となります。

対象車両については、車検証備考欄の表示番号の後に(建)と記載されていることが必要となります(※車体には表示番号のみを表示し、「(建)」を表示する必要はありません) 。

加点対象となる営業用ダンプ車の要件は、以下のとおりです。

  • 最大積載量が5,000kgまたは車両総重量が8,000kgを超えるものであること
  • 経営する事業の種類として建設業を届け出ていること
  • 表示番号の指定を受けていること
  • 車検証備考欄 表示番号の後に「(建)」と表記されていること

※車検証への記載がない場合は、各運輸支局等に申請・届出が必要になります。手続き別の必要書類及び取扱いは、以下のとおりです。

新たに表示番号の申請を行う場合

必要書類

表示番号指定申請用紙(甲)及び(乙)((乙)は車両毎))、建設業許可証の写し

取扱い

表示番号はマル営表記、営業用ダンプ車の車検証備考欄に(建)表記。

現に使用している営業用ダンプ車に「(建)」を追記する場合

必要書類

申請事項変更届出書(甲)及び(乙)((乙)は車両毎)、車検証、建設業許可証の写し

取扱い

表示番号の変更は行わず、当該ダンプ車の車検証備考欄に手書きで(建)表記、及び運輸支局等名小印を押印。(次の継続検査で、手書きから印字になります。)

営業用ダンプ車を建設業用に使用しなくなった(営業用ダンプ車の「(建)」を消す)場合

必要書類

表示番号指定申請用紙(甲)及び(乙)((乙)は車両毎))

取扱い

表示番号はマル営表記、営業用ダンプ車の車検証備考欄の(建)を二重線で消去し、運輸支局等名小印を押印。(次の継続検査で、(建)が車検証に印字され なくなります。)


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

【セルフキットシリーズのご案内】

法人成りや各種法人の変更手続きは格安・簡単・専門家に依頼するより早いセルフキットがおすすめ。

株式会社や合同会社はもちろん、社団法人・財団法人向けキットや事業計画書・少人数私募債などの資金調達系キットも充実しています。

ダウンロードセンターはこちらから

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

【相談無料・全国対応】建設業許可申請ならお任せください!
お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。