純支払利息比率(評点アップ対策)

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業に強い!建設業許可申請のことならお任せください。相談無料・全国対応でサポートいたします!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > 経営事項審査(経審) > 純支払利息比率(評点アップ対策)

純支払利息比率(評点アップ対策)


純支払利息比率とは企業の健全性を表す指標で経営事項審査では負債抵抗力指標として掲げられている項目の一つです。

この比率は売上高に対して実質的な支払利息がどの程度あるかを表し、上限は5.1%、下限は-0.3%となっており、数値が小さいほど良好な状態で高く評価されます。

数値がマイナスになるということは、支払利息よりも受取利息や配当金が多いということになります。

算出式は次のようになります。

純支払利息比率 =(支払利息 - 受取利息配当金)÷ 売上高 × 100

  • 売上高の額は審査対象事業年度の完成工事高と兼業事業売上高の合計額となります
  • 割り出した数値が5.1%を超える場合は5.1%、-0.3%に満たない場合は-0.3%とみなします
  • 支払利息に手形売却損(割引利息)は含まれません。

【評点アップの対策】

この項目で評点を上げるには純支払利息比率を小さくしなければなりません。

実質金利を減額する方法はいくつかあります。

  • 材料や棚卸資産の在庫を確認し、過剰な在庫を調整することで浮いた資金を借入金の一括返済に充てます。
  • 定期や積み立てなどの固定預金を解約し、その資金を一括返済に充てることで借入金の総額を減らすことができます。
  • 借入金額の総額を減らすために低利の金融機関への借り換えを行うなど、支払利息の総額を減らします。
  • 増資が可能な場合は資本金を増やし、その資金を借入金の返済に充てます。
  • 投資有価証券や土地など、経営に影響しない資産を売却することで得た資金を借入金の一括返済に充てて、総額を減額します。
  • 信用保証協会への長期的な保証料の全額は支払期の支払利息に計上するのではなく、翌期以降の対応分を前払費用に振替えて処理すると期間損益を正して当期の支払利息を減額することができます。
  • 受取利息配当金を増やすと純支払利息を減らすことができるため、預貯金利息、有価証券の配当金、株式配当金、保険配当金、公社債利息、工事立替金利息などはその他営業外収益ではなく確認して計上すること。

これらの対策には即効性のあるものや長期的な対応をしなければならないものがあるため、自社に合った方法で実行に移していければよいかと思います。


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

【セルフキットシリーズのご案内】

法人成りや各種法人の変更手続きは格安・簡単・専門家に依頼するより早いセルフキットがおすすめ。

株式会社や合同会社はもちろん、社団法人・財団法人向けキットや事業計画書・少人数私募債などの資金調達系キットも充実しています。

ダウンロードセンターはこちらから

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

【相談無料・全国対応】建設業許可申請ならお任せください!
お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。