知らなかったではすまされない!建設業法上の処分事例

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業の売上を伸ばし会社を守るための専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)の手配ならお任せください!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > 行政処分・処分事例・立入検査などについて > 知らなかったではすまされない!建設業法上の処分事例

知らなかったではすまされない!建設業法上の処分事例


建設業法にはさまざまな規制が設けられており、これらに違反すると不正行為等に対する監督処分が行われます。

監督処分とは、許可行政庁から直接法の遵守を図る行政処分です。

行政処分には、違反の種類や程度により「指示処分」・「営業停止処分」・「許可の取消し処分」があります。

また、行政処分とは別に、刑事処分というものもあります。行政処分はその名の通り、行政が処分を行います。一方の刑事処分は裁判所が直接、処分、刑罰を与えます。建設業の場合の多くは罰金刑です。

違反と知らずに行われている場合もありますが、知らなかったでは済まされないこともあるので、違反の内容と処分を理解しておく必要があります。

- スポンサーリンク -


行政処分は3つある(指示・営業停止・許可の取り消し)

【1.指示処分】

建設業法に違反しているとき、建設業者が適正な状態に戻すために監督行政庁からの命令を受ける。(指示処分であっても官公庁の判断で指名停止になる場合もある)

  • 施工不良のため公衆に危害を及ぼした、又はその恐れがある場合
  • 一括下請け(丸投げ)の禁止に違反した場合
  • 建設業許可を得ないで500万円以上の下請契約を締結した場合
  • 営業停止、営業禁止されている者との下請契約を締結した場合
  • 配置される主任技術者が工事の施工管理に関して不適当な場合
  • 特定建設業者でない者が3000万円以上の下請契約を出した場合
    ※下請け業者もその時々の状況や常習性により処分を受ける可能性があります。

【2.営業停止処分】

指示処分に従わないときに、1年以内の期間で営業停止を命じられる。

処分される業種の範囲は情状により決定されます。

  • 指示処分に該当した者が改善をしない場合、または指示処分に違反した場合
  • 入札妨害罪・談合罪・贈賄罪・詐欺罪・補助金等適正化法違反・独占禁止法違反・建築基準法違反・税法違反をした場合
  • 役員または使用人が懲役刑に処せられた場合
  • 不正な手段で許可を取得した場合
  • 施工体制台帳を作成していない、又は虚偽の作成を行った場合
  • 虚偽申請(完成工事高の水増し申請。入札手続きでの不正行為等)をした場合

【3.許可取消し処分】

営業停止処分期間中の営業活動や建設業許可の要件を満たさなくなった場合は許可の取消処分を受けます。

  • 経営業務の管理責任者・専任技術者が退職等でいなくなった場合
  • 不正な手段で許可を取得した場合
  • 指示処分、営業停止処分に違反した場合

刑事処分とは?

行政処分とは別に司法当局によって行われる刑事処分というものがあります。

こちらは罰金が科せられますが、刑事処分を受けることにより、許可取消しに繋がりますので、指示処分を受けた時点で速やかに改めなければなりません。

実際にあった処分例

  1. 決算書偽造による許可取消し
    具体例:建設業許可更新の際の添付書類で、借入金を記入せず虚偽の申請をしたとして罰金50万円の略式命令を受け、許可の取消となった)
  2. 経営事項審査の決算書偽造による営業停止
    具体例:経営事項審査において不正な会計処理により得た経営事項審査結果通知書で公共工事の発注者に対して入札申請を行ったとして22日間の営業停止)
  3. 所在地変更の未届けによる許可取消し
    具体例:営業所の所在地が確認できず、県公報で公告したが30日を過ぎても申し出がないことにより許可取消)
  4. 経営業務の管理責任者(経管)と専任技術者が常勤でなかったことによる許可取消
    具体例:許可更新の際、実際は他会社に在籍しているにも関わらず常勤役員として勤務していると虚偽の内容を記載し、建設業許可を取得していたことによる許可取消)

現在、経営事項審査を行っている企業を対象に完成工事高や技術者員の分析から虚偽申請や疑義のある業者の監督体制が強化されています。

違反を行うと、営業停止処分を受けるだけではなく、経営事項審査での「法令の遵守」の項目で減点されます。

現在許可を取得されてない業者でも、違反の事実があれば取得できない場合があるので、把握しておくことが大事です。

関連ページ


※ブラック・自己破産しててもOK。銀行の返済条件変更中、赤字決算、債務超過でも資金調達できるファクタリングをご存知ですか?売掛金100万円以上お持ちで事業用資金なら最短即日1000万円まで調達可能。→【資金調達プロ】事業資金調達の10秒カンタン無料診断はコチラ


法人成りや各種法人の変更手続きは格安・簡単・専門家に依頼するより早いセルフキットがおすすめ。

株式会社や合同会社はもちろん、社団法人・財団法人向けキットや事業計画書・少人数私募債などの資金調達系キットも充実しています。

自分で出来る!会社手続き書式ダウンロードセンター

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス


建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!経営事項審査にも強い!行政書士の無料紹介はこちらから

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

建設業許可申請専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 長野
北陸 新潟 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2018 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。