所属がはっきりしない日雇い労働者は被保険者にならないのか?

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業に強い!建設業許可申請のことならお任せください。相談無料・全国対応でサポートいたします!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > よくあるご質問・Q&A集 > 社会保険・労働保険に関するQ&A > 所属がはっきりしない日雇い労働者は被保険者にならないのか?

所属がはっきりしない日雇い労働者は被保険者にならないのか?


建設労働者の中には会社に所属せず、自分の意思で自由に短期間の就労を繰り返している人がいます。

その場合、日雇い労働者に該当する可能性が高いので、

1.健康保険の日雇特例被保険者

もしくは、

2.雇用保険の日雇労働被保険者

のどちらに該当するのかを確認します。

どちらにも該当しない場合は、国民健康保険と国民年金に加入しなければなりません。

1.健康保険の日雇特例被保険者とは?

臨時に使用される者のうち次の者が適用されます。

  • 毎日雇用されるもの
  • 2ヶ月以内の期間を定めて使用される者
  • 4か月以内の季節的事業に使用される者
  • 6カ月以内の臨時的事業の事業所に使用される者

この手続きは被保険者自身が行い、賃金日額により保険料が定められ保険料の支払いは事業者負担と被保険者負担に区分されます。

交付された手帳に事業主負担分の健康保険証紙を貼付してもらいます。

2.雇用保険の日雇労働被保険者とは?

日々雇用される者、又は、30日以内の期間を定めて雇用される者でいずれかに該当する者が適用されます。

  • 適用区域外の地域に居住し、適用区域内にある適用事業に雇用される人
  • 上記以外でハローワーク所長の認可を受けた人

保険料は折半となるので、賃金を支払う時に手帳にも印紙を貼付し、消印をしなければなりません。

なお、日雇労働被保険者は、高年齢労働者(60歳以上)であっても保険料の免除対象にはなりません。


→ 日本政策金融公庫や信用保証協会からの融資・資金調達でお悩みの方はこちら

専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。

売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。

  • 業界最低水準の手数料
  • 徹底した秘密厳守
  • 最短1日でのスピーディーな資金化
  • 償還請求権なし(ノンリコール)
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応
  • 2社間取引

ファクタリングとは?

【セルフキットシリーズのご案内】

法人成りや各種法人の変更手続きは格安・簡単・専門家に依頼するより早いセルフキットがおすすめ。

株式会社や合同会社はもちろん、社団法人・財団法人向けキットや事業計画書・少人数私募債などの資金調達系キットも充実しています。

ダウンロードセンターはこちらから

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

【相談無料・全国対応】建設業許可申請ならお任せください!
お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。