なぜ脱税はバレるのか?

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業に強い!建設業許可申請のことならお任せください。相談無料・全国対応でサポートいたします!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!

なぜ脱税はバレるのか?


脱税してもこのくらいならバレないだろう…これは申告漏れが発覚した人がみな考えていたことです。しかし実際には、税務署にしっかり見つかってしまうのです。

では、何故脱税はバレてしまうのでしょうか?

一つ目の理由として、金銭が動く時には記録が残るということがあります。何らかの形で取り引きをした場合、書類には金銭を移動したことが記されます。あなたが書類を隠しても、相手の書類があります。

そのため、税務署は申告漏れをしているのでは?とチェックを入れるわけです。

また、税務署では脱税を防止するために、税務調査を行います。税務調査は、確定申告をしていてもしていなくても行われます。

確定申告をしている場合は、昨年とあまりにも金額に変化がある場合にチェックされやすいと言われています。金額に変化がなくても、どこかおかしいと思われれば、係員が出向いてかなり細かい調査が行われるのです。

ここで経理上のミスが発見されれば、納めていない金額をすぐに納めなくてはいけません。また、確定申告をしていない場合は、企業サイトなどから目星をつけられることもあります。

脱税はしようと思わなくても、してしまう可能性があります。税金の計算は複雑で、専門家でないと間違えてしまうところも多いのです。しかし、うっかりであっても、見つかれば罪を犯したことになります。

追加で税金を支払うだけでなく、罰金を課されるケースもあるのです。脱税を避けるためには、税理士に相談するのがベストです。

税理士の紹介はこちらから無料で可能ですので、お近くの税理士さんへぜひご相談ください。→全国税理士紹介センター


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

【セルフキットシリーズのご案内】

法人成りや各種法人の変更手続きは格安・簡単・専門家に依頼するより早いセルフキットがおすすめ。

株式会社や合同会社はもちろん、社団法人・財団法人向けキットや事業計画書・少人数私募債などの資金調達系キットも充実しています。

ダウンロードセンターはこちらから

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

【相談無料・全国対応】建設業許可申請ならお任せください!
お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。