特定建設業許可と一般建設業許可。どちらを取得すればいいの?

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業に強い!建設業許可申請のことならお任せください。相談無料・全国対応でサポートいたします!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > よくあるご質問・Q&A集 > 建設業許可申請手続きに関するQ&A > 特定建設業許可と一般建設業許可。どちらを取得すればいいの?

特定建設業許可と一般建設業許可。どちらを取得すればいいの?


建設業を営む者は、元請・下請を問わず建設業の許可を受けなければなりません。

では、特定建設業許可と一般建設業許可、どちらの許可を受ければ良いのでしょうか?

特定建設業許可は、発注者から直接工事を請け負い(元請)、そして、受注した1件の工事が合計4,000万円(建築一式工事は6,000万円)以上を下請業者に発注する場合に必要となります。

例を挙げてみましょう。

発注者:発注金額Ⅹ円

元請業者:請負金額Ⅹ円

  • 下請発注金額a円+b円+c円=4,000万円以上の場合⇒特定建設業の許可が必要
  • 下請発注金額a円+b円+c円=4,000万円未満の場合⇒一般建設業の許可が必要

(下請業者A:a円、下請業者B:b円、下請業者C:c円)

※建築一式工事の場合は、6,000万円

※下請業者は特定建設業の許可は必要ありません。

下請業者が元請から請け負う額に制限はなく、特定建設業か一般建設業かの区別は、下請に発注する額によって決まります。

受注した工事を全て元請業者自身で施工する、または、下請発注額が4,000万円未満であれば、一般建設業の許可で良いということになるのです。

つまり、特定建設業許可は「元請」として工事を受注する場合のみ要件とされているのです。

許可を受けている業者の9割以上が一般建設業許可であり、特定建設業許可の割合は1割もありません。

ですので、新規で許可を取得される場合、そのほとんどのが一般建設業許可であると考えて差し支えありません。

- スポンサーリンク -


工事の全てが下請の場合⇒一般建設業許可

  • 一次下請で請負金額が5,000万円の工事を受注
  • 一次下請をして、その後二次下請に1億円で発注

※一次下請業者が二次下請業者に対して発注する額に制限はありませんので、その発注金額にかかわらず一般建設業許可で良いということになります。

工事を元請で受注する場合

下請に発注する合計金額

  • 4,000万円未満⇒一般建設業許可
  • 4,000万円以上⇒特定建設業許可

※建築一式の場合は上記の金額が6,000万円になります。


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

【セルフキットシリーズのご案内】

法人成りや各種法人の変更手続きは格安・簡単・専門家に依頼するより早いセルフキットがおすすめ。

株式会社や合同会社はもちろん、社団法人・財団法人向けキットや事業計画書・少人数私募債などの資金調達系キットも充実しています。

ダウンロードセンターはこちらから

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

【相談無料・全国対応】建設業許可申請ならお任せください!
お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。