建設マスターとは?

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業の売上を伸ばし会社を守るための専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)の手配ならお任せください!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!

建設マスターとは?


建設マスター(優秀施行者国土交通大臣顕彰者)とは建設産業で「ものづくり」に従事する技能者の中から最も優れた技術・技能を有し、育成・指導にも多大な貢献をしている方に国土交通大臣が顕彰しているもので、早く言えば、「ものづくりの達人」というところです。

また、39歳以下の技能者は建設ジュニアマスターと呼ばれ、20年以上の現場業務経験者に表彰される建設マスターと違い、業務経験10年以上が対象となるため、20代で顕彰される技能者を増やし若年者の入職や意欲にも繋がる制度となっています。

要件

  • 年齢40歳以上60歳以下
  • 現場業務が20年以上
  • 無事故期間が3年以上 など

審査基準

建設産業に従事する現役の技能者で、以下の要件を全て満たしている方が対象となります。

  • 技術・技能が優秀である
  • 工事施工の合理化に貢献している
  • 後進の指導・育成に努めている
  • 安全・衛生の向上に貢献している
  • 他の建設工事従事者の模範となている

選考の流れ

  1. 建設業団体・各都道府県・地方整備局・北海道開発局から推薦候補者の提出
  2. 要件の確認
  3. 審査基準に基づき顕彰基準の審査
  4. 審査委員会で審査・選考
  5. 審査委員会が選考した中から国土交通大臣が決定

建設マスターの多い職種ランキング

1位  土木
2位  大工
3位  建設機械運転
4位  とび
5位  電気
6位  造園
7位  塗装
8位  鉄筋
9位  舗装
10位 配管


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!経営事項審査にも強い!行政書士の無料紹介はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。お電話口での手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。