建設機械の保有状況

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業に強い!建設業許可申請のことならお任せください。相談無料・全国対応でサポートいたします!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!

建設機械の保有状況


建設機械の保有状況とは平成23年4月に経営事項審査の評価項目で追加されたもので、災害復旧時に使用されることが多い機械が対象となります。

保有しているだけではなく、特定自主検査を実施していることが必要です。

リース契約でも認められますが、リース期間が経営事項審査有効期間内を含まなければなりません。

※リース期間が経営事項審査有効期間内を含んでいても工事で使用する期間のみのリースであれば専属使用とみなされないため評価の対象にはなりません。

記入できる台数は15台までとなっており、1台につき1点で上限は15点となっているので、20台保有していても15点となります。

【加点対象の機械】

掘削機械

ショベル系掘削機・・・ショベル、バックホウ、ドラグライン、クラムシェル、クレーン又はパイルドライバーのアタッチメントを有するもの

トラクター類

ブルドーザー・・・自重が3t以上のもの
トラクターショベル・・・バケット容量が0.4立方メートル以上のもの

【特定自主検査とは】

特定の機械については1年に1回実施し、その結果を記録しなければなりません。

この検査を記録しない場合50万円以下の罰金が科せられます(労働安全衛生法)。

自主検査の方法は2種類あります。

  1. 事業内検査
    →厚生労働大臣が定める研修を修了した者、又は国家検定取得者等の有資格者が実施
  2. 検査業者検査
    →厚生労働大臣に登録した検査業者、又は都道府県労働局に登録した検査業者が実施

機械に異常が見つかった場合は危険を防止するために、直ちに必要な措置を行います。

【確認書類】

いずれかで確認を行います。

  • 売買契約書
  • 市町村に申告した償却資産課税台帳の写し
  • リース契約書
  • 有効な車検証の写し

銀行の返済条件変更中、赤字決算、債務超過でも資金調達できるファクタリングをご存知ですか?売掛金100万円以上お持ちで事業用資金なら最短即日5,000万円まで調達可能。
最短1日でのスピーディーな資金化のご相談はコチラ

→ 日本政策金融公庫や信用保証協会からの融資・資金調達でお悩みの方はこちら


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

ファクタリングのオッティは中小企業向けファクタリングです。

売掛金があり、資金繰りに悩んでいる方は一度問い合わせしてみましょう。

  • 業界最低水準の手数料
  • 徹底した秘密厳守
  • 最短1日でのスピーディーな資金化
  • 償還請求権なし(ノンリコール)
  • 経験豊富な担当者が申込み~実行まで親身に対応
  • 2社間取引

ファクタリングとは?

【セルフキットシリーズのご案内】

法人成りや各種法人の変更手続きは格安・簡単・専門家に依頼するより早いセルフキットがおすすめ。

株式会社や合同会社はもちろん、社団法人・財団法人向けキットや事業計画書・少人数私募債などの資金調達系キットも充実しています。

ダウンロードセンターはこちらから

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。

【相談無料・全国対応】建設業許可申請ならお任せください!
お問い合わせは下記よりお気軽にどうぞ。