定款・電子定款って?

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業の売上を伸ばし会社を守るための専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)の手配ならお任せください!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!

定款・電子定款って?


株式会社の定款とは、株式会社を設立するときに必ず作成する必要のある会社の決まり事を収めた書類を指します。

株式会社の定款とは会社の法律のようなものです。

定款には会社の経営方針や事業目的、所在地や取締役など企業の情報を事細かに記入する必要があります。

定款には必ず記載する必要のある絶対的記載事項と、記載することで有効性を示す相対的記載事項、有効性の有無を特定しない任意的記載事項の三種類があります。優先順位としては、絶対的記載事項、相対的記載事項、そして任意的記載事項の順番になり、設立前に記載する内容を精査する必要があります。

絶対的記載事項は定款に記載することが必須の事項であり、一つでも欠けると会社を設立することはかないません。

絶対的記載事項には次の事柄を含めなければなりません。株式会社の事業目的、株式会社の商号、株式会社の本店所在地、株式会社を設立する際の出資金の詳細、株式会社を設立する発起人の名前と住所、株式会社の発行株式数です。

事業目的にはこれから行なう予定の事業を含めることができます。仮に現時点では事業計画にはないものの、将来の事業拡大の際に携わる可能性がある事業目的を記載することができます。

相対的記載事項には株式会社設立後に会社が守るべき規則を記載することになります。相対的記載事項に記載される事項は会社設立後に取締役、従業員および株主が守るべき規約を含めることができます。

会社経営を円滑に行うために相対的記載事項に記載する事柄については事前に精査しておくことが大切です。

具体的には株式の内容や、株主請求権、株を発行する際の条件、取締役会の権限の範囲、取締役が守るべき規約、株主総会における株主の権限の範囲などを記載していきます。

任意的記載事項に記載される事柄についても同様に条件を精査して記載するかどうかを決定します。相対的記載事項には記載しないものの、定款に記載する必要があると判断する事柄について記載していきます。

例えば取締役会の構成人数や監査役の設置に関する規定、配当金の分配に関する決まりなどを記載します。任意的記載事項に記載する条件は会社法には定めがないものの、あらかじめ定めておく必要があると判断される事項を掲載していきます。

定款は作成した後に取締役の署名捺印のほか、公証人による認証が必要になります。

定款は紙によるもの以外に電子的に発行する電子定款もあります。電子定款の場合は収入印紙代が不要になるといったメリットがあります。


専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!経営事項審査にも強い!行政書士の無料紹介はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル:03-6328-1989

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。お電話口での手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2019 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。