中小建設業者に適した融資を徹底活用!

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業の売上を伸ばし会社を守るための専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)の手配ならお任せください!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!

中小建設業者に適した融資を徹底活用!


中小建設業者がよく利用する融資制度には、日本政策金融公庫の融資制度・都道府県の信用保証協会の保証による融資制度・市区町村の融資制度などがあります。

これらの公的融資は民間の金融機関とは違って、担保や保証人が不要な場合もあり、低金利で利用しやすいため、知っておくと非常に便利です。

建設会社が資金を必要とするのは、新規開業時、車両・建設機械器具の購入時、材料や下請代金の決済時、緊急災害時などが挙げられます。

大手企業と違い、簡単に融資を受けられない中小企業には、公的機関による様々な融資制度が用意されています。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は政府機関の中でも長い歴史があり、なじみのある公的金融機関です。

融資の特徴は返済期間が長期で低利な上に固定金利のため無理なく返済することができ、一定額以下は担保を必要とせず、災害時の貸付融資制度も用意されています。

信用保証協会(制度融資)

市中の金融機関から融資を受ける場合、多くの金融機関が保証人を付けることを融資の前提条件にしていますが、都道府県ごとに設置された信用保証協会が中小企業の保証人になってくれます。

信用保証協会の保証付き融資は日本政策金融公庫よりも低金利ですが、信用保証料が別途必要になります。

※信用保証協会とは万が一借主の返済が滞った時に代わって金融機関に立替払いを行うものです。信用保証料は保険料ではありませんので信用保証協会による代位弁済が行われた後は、信用保証協会へ弁済する必要があります。

主にこの2つの公的機関を利用し資金調達をしています。

初めて融資を行う際には審査に時間がかかりますが、2度目以降からは信頼関係を構築していますから、比較的簡易な手続きかつスピーディーに融資を受けることができます。

地方自治体の融資制度は、都道府県、市区町村で制度化されているためその地域の住民・事業者・事業労働者などが対象になります。

無保証・低金利が多く、保証人が必要な場合も信用保証協会を紹介する制度もあり、保証料の一部を地方自治体から補助を受けられる場合もあります。

各地方自治体で補助の有無や内容が異なりますので、どのような制度融資のシステムがあるのか確認しておくと急に資金が必要になった時に慌てずに済みます。

中小建設業が公的融資を受ける場合、必ずといってよいほど必要となるのが建設業許可

建設業許可を取得しているということは事業に対して認められていることと、許可の要件でもある資金調達の能力があるとして大きな信用を得ることができます。

許認可業種の場合にはそもそも許可取得が条件になっている融資もありますので、資金調達面からも事業面からも建設業許可は取得しておきたいものですね。

日本政策金融公庫や信用保証協会等の公的融資に関するノウハウは以下のサイトに詳しく記載しておりますので、宜しければこちらもご参考にどうぞ。

→ 日本政策金融公庫融資支援ドットコム

「実際に融資のおりた事業計画書例25パック」のご案内

実際に融資がおりた事業計画書を、まとめて販売29,800円です。

専門家に頼らず、出来る限りコストを抑えて、自分で事業計画書を作りたいという業者様にオススメ。

下記工事業者の事業計画書サンプルが入ってます!

  • 空調設備工事業
  • 左官工事業
  • 電気工事業
  • 塗装&アスベスト除去
  • 塗装工事業
  • 内装工事業
  • 玉かけ&配管検査

その他、自動車・運送・産廃関連の融資申請事業計画も入っていますので、ぜひ参考にしてください。

→ 実際に融資のおりた事業計画書例25パックはこちらから購入頂けます。

資金調達の専門家へのご相談なら

ご自身で金融機関との交渉・面談を行う自信が無い方、事業計画書の作成なんて1人では出きない

という方は、税理士の活用をオススメします。

下記サイトでは、資金調達に精通した税理士の紹介が可能です(紹介無料)。

また、初回相談も無料ですので、ぜひ、ご活用ください。

→ 絶対資金調達!税理士紹介ドットコムのお申込みはこちらから。


【建設業の社長さんへ】今すぐ資金調達ができる!「ファクタリング」をご存知ですか?

資金繰りを改善したい。つなぎ資金がほしい。売掛金をいますぐキャッシュに変えたい。

そんなあなたの為のファクタリング。

会社の売掛金を元に即日資金調達も!債務超過状態、決算が赤字でも、無担保無保証で利用が可能です(※使途は事業資金に限ります)。銀行の信用も落としません。逆に、資金繰りが改善するから銀行の信用力はアップします。利用事業者数10,000社以上。個人事業主もOK

100万円以上の売掛金があるなら今すぐ「10秒で終わる簡単無料診断」を。利用はこちらから。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!経営事項審査にも強い!行政書士の無料紹介はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル:0120-976-566

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。お電話口での手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。お電話口での手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

建設業許可申請専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 長野
北陸 新潟 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2017 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。