「労働者死傷病報告」と「労災かくし」

建設業許可申請.com 建設業許可申請.com

建設業の売上を伸ばし会社を守るための専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)の手配ならお任せください!

専門家(行政書士・税理士・社会保険労務士)のご紹介はこちらから!
建設業許可申請.com > 雇用・労災・健康保険関係 > 「労働者死傷病報告」と「労災かくし」

「労働者死傷病報告」と「労災かくし」


建設業は業種からして、労災事故が発生しやすく、災害が発生すると死亡事故や重篤な災害に繋がることが少なくありません。

そういった場合、どのような手続きをしなければならないか、きちんと把握しておく必要があります。

建設業の労災は通常の労災保険と少々異なります。

建設業は元請がありその下に下請が入ることで何段階もの請負関係で成り立つため、下請の事業所で働く労働者は所属する会社の労災保険ではなく、元請の労災保険で保護されることになります。

建設業の労災保険や雇用保険の手続きは特殊なことから手続きも複雑になります。

事務所の労災保険の手続きと、現場の労災保険の手続きと面倒に思われるかもしれませんが、、万が一労災事故が発生した場合、加入していないと会社が全額補償しなければなりません。

また、工事の規模によっても手続きが異なるため、専門家に手続きを依頼するのも業務の妨げにならず済むでしょう。

【労働者死傷病報告】

労働者が、労働災害又は就業中に負傷・窒息・急性中毒により、死亡又は休業した時は、所轄の労働基準監督署長に提出しなければなりません。

労災になるかどうか判断ができない場合もありますが、業務災害に該当しない場合であっても報告が必要になるものもあります。

次の場合は報告が必要です。

  • 勤務終了後、現場内で死亡しているところを発見された
  • 外勤中に脳・心臓疾患や熱中症で倒れて入院した
  • 外勤中に自殺した
  • 寄宿舎内での事故
  • 自家用車に事業主の暗黙の指示によりほかの労働者を同乗させているときの災害
  • 自家用車に仕事で使う資材や機材を積んで走行しているときの災害

労働者死傷病報告は労働災害の際に提出しなければならないというわけではなく、事故の報告を受けて調査するかどうか判断する契機としての意味があります。

提出の義務があるのはその労働者を雇用している企業です。個人事業の場合は事業主で、下請の場合は元請業者に提出義務があります。

【労災かくし】

労働者死傷病報告を提出しなければならない状況で提出をしない場合、虚偽の内容を記載して提出した場合のことをいいます。

労働安全衛生規則では

「事業者は、労働者が労働災害その他就業中又は事業場内若しくはその付属建設物内における負傷、窒息又は急性中毒により死亡し、又は休業した時は遅滞なく様式第23号による報告書を所轄の労働基準監督署長に提出しなければならない」

と規定しています。

労災かくしは犯罪であり、発覚した場合は労働安全衛生法違反で検察庁に送致され罰金刑に処せられます。

罰金は、両罰規定の適用により労災をかくした個人と法人に対して課せられます。罰金を払うだけと思われるかもしれませんが、刑罰なので前科が付きます。

また、労働基準監督署が記者発表を行うため、会社名が報道されることでインターネット上でも履歴が残ることになりますし、許可業者は指名停止処分や営業停止処分も受けることになるでしょう。

隠し通すことを考えるより事故が起きたら速やかに報告することにしましょう。


【建設業の社長さんへ】今すぐ資金調達ができる!「ファクタリング」をご存知ですか?

資金繰りを改善したい。つなぎ資金がほしい。売掛金をいますぐキャッシュに変えたい。

そんなあなたの為のファクタリング。

会社の売掛金を元に即日資金調達も!債務超過状態、決算が赤字でも、無担保無保証で利用が可能です(※使途は事業資金に限ります)。銀行の信用も落としません。逆に、資金繰りが改善するから銀行の信用力はアップします。利用事業者数10,000社以上。個人事業主もOK

100万円以上の売掛金があるなら今すぐ「10秒で終わる簡単無料診断」を。利用はこちらから。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

オリックスVIPローンカードビジネス(旧オリックスクラブカード)

建設業の税務会計や社会保険でお悩みの方へ

建設業の税務会計でお悩みの方はこちら 建設業の社会保険加入手続きでお悩みの方はこちら

取引先に知られない売掛金の現金化(赤字・リスケ・債務超過・税金滞納でもOK)

専門家無料紹介の受付はこちら

建設業許可申請専門!経営事項審査にも強い!行政書士の無料紹介はこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル:0120-976-566

【電話受付】AM10:00~PM6:00(平日)

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。お電話口での手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

上記は専門家無料紹介の専用窓口です。お電話口での手続き詳細や御社に対する固有の専門アドバイスは一切行っておりません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

全国対応!建築業許可申請の専門家をご紹介!

建設業許可申請、経営事項審査なら私たちにお任せ下さい!

北海道・東北 エリア

関東 エリア

北陸 エリア

東海 エリア

近畿 エリア

九州・沖縄 エリア

※掲載地域以外の都道府県でもお気軽にお問い合わせください。

建設業許可申請専門!全国の専門家をご紹介!

行政書士全国マップ
北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東 東京都 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 長野
北陸 新潟 富山 石川 福井
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
近畿 大阪府 兵庫 京都府 滋賀 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

おすすめコンテンツ・カテゴリー

建設業許可手続き

よくあるご質問・Q&A集

一人親方

社会保険・労働保険

建設業の契約書・約款について

建設業許可と法人成り

専門家の活用

行政処分など

税金・資金調達・お金

建設業許可と会社再編

用語集

建設業に関連する資格・試験情報

その他の許認可手続き

Copyright (C) 2017 建設業許可申請.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。